脂肪吸引【Nさん】水抜きについて

脂肪吸引【Nさん】水抜きについて

2019年01月25日お腹, その他

こんにちは。
本日のブログは、ウォータージェット法
で脂肪吸引された【Nさん】のご紹介と、
術後の水抜きについてお話します。

【Nさん】は、
もともとかなり細身の体型の方ですが、
さらに細さを求めて吸引を希望されました。

下腹部のポッコリ感の軽減、
ウエストのくびれを意識して手術を行いました。

一ヵ月検診なので完成は先ですが
効果はすでにしっかりでてきています。
三か月の経過がかなり楽しみです。


最近脂肪吸引のカウンセリングで、
手術後の水の貯留についてよく聞かれます。

結論で言えば、水の貯留や
水抜きのための通院などほぼ必要ありません。

水抜きに毎日通うように言われた
患者様もいらっしゃいましたが、
現代の脂肪吸引でそんな事態が
毎回起こることは考えられず、
残念ですが技術的なものを疑わざるをえません。

当院では手術翌日以降に水を抜くのは
年間でも数例程度です。

施術情報

【施術部位】上下腹部・ウエスト・腰
【施術内容】ウォータージェット法
【年代】20代
【性別】女性
【脂肪吸引量】2150cc
※ 麻酔や血液量を含まない脂肪のみの量になります。
【費用】
<シリンジ法>
腹部 (1カ所):60,000円
上、下腹部、ウエスト:145,000円
上、下腹部、ウエスト、腰:188,000円
腰:60,000円
背中全面:140,000円
<ウォータージェット法>
1カ所:40,000円
<ベイザー脂肪吸引>
1カ所:180,000円~250,000円
【リスク】
・傷跡はほとんどの場合目立たなくなりますが、術後は腫れや内出血を伴います。傷跡、腫れや内出血には個人差がありますが、程度によって適切な処置や薬の処方をさせて頂きます。
・脂肪の性状や筋肉の割合などによって、脂肪吸引の効果には個人差があります。
・表側の傷跡は小さいですが、内側は広範囲に渡ってカニューレ(脂肪吸引で使用する管状の医療器具)が通るため、体の負担は大きな手術になります。そのため、術後は日常生活の制限がある場合もあります。

関連記事